まるでパン屋さん?おいしいパンを焼くにはオーブンにこだわるべし!

パン作りをする方必見!おすすめのオーブン

>

温度の重要性を知る

水蒸気を使ったオーブンとは

電子レンジがマイクロ波を使って水を高温にして温めているのに対してオーブンは赤外線を使って調理をしています。
しかし近年のオーブンには水蒸気の力を使って、食材を調理しているのでふっくらと仕上がる製品があります。パン作りでよくある失敗の中に「パンがパサパサでおいしくない。」「べちゃっとしていて膨らまない。」という物があります。これらをうまく解決してくれるのが、水蒸気の力を使ったオーブンです。
水蒸気を出す前にスチームやヒーター機能を使っているので急激に温度が上昇するのを防いでくれます。
この機能があるから焦げ付きが防げるので、パン作りに適しています。但し、この機能がつくとやや高価になってしまう可能性があります。

パン作りに適した温度とは?

窯でパンを作る場合、窯の温度をしっかりと管理しパンに適した温度で焼いています。オーブンに関してはどうでしょうか?
あらかじめ温度設定が出来るので窯よりも、簡単に出来るはずですが焼きムラや焦げ付きがある場合は、適した温度で焼けていない可能性があります。
頻繁にパン作りをするのであれば250~350度の温度管理が出来るオーブンが良いでしょう。250度の場合はやや低い様に感じられますが、熱風がレンジの中を流れるので均一に熱が通り効率的にパンを焼けるタイプもあります。
また石窯の様に見立てたオーブンもあり、食材のうまみを逃がさない様な特殊加工をしているケースもあります。おいしいパンを作るのなら、温度管理を徹底してみましょう。