まるでパン屋さん?おいしいパンを焼くにはオーブンにこだわるべし!

パン作りをする方必見!おすすめのオーブン

一度にたくさんのパンを作りたい

デパート・スーパーやパン屋でパンや焼き菓子を購入するのも良いけれど、食材の安全性もあるし何より自分で作ると安上がりだし、出来立てはおいしそう。そう思い、チャレンジするけれど中々うまくいかない。
食パンだとホームベーカリーだと材料を入れてボタンを押すだけですが、作れるパンのバリエーションが少なくクロワッサンや凝ったパンは作れません。
パンを作ってもうまくいかない原因は、使っているオーブンにある可能性があります。本来パンは窯で焼くのがポピュラーですが、その設備を自宅に設置する事は出来ません。フライパンで作れるパンのレシピも存在しますが、手間がかかるしなにより面倒。
では視点を変えてオーブンにこだわってみませんか?パン作りに向いているオーブンとは何か?またどの様なオーブンを選べばおいしいパンを作れるのか?と調べたところ、容量・大きさ・性能・温度管理が重要である事がわかりました。
今回はこれらにスポットを当てて、オーブンについて説明していきたいと思います。ちなみにどのオーブンでもパンを作る事は出来ますが、うまく膨らまない、または潰れてしまいやすい、焼きムラが出たりする事もあります。
普段からよくパンを作る方はもちろんですが、これからパンを作ろうと思っている方や、様々なジャンルの料理に挑戦したいという方にはぴったりの情報です。
費用についても公開しているので、新生活を送る方にも役立つ情報です。自宅でおいしいパンを作りたい方は必見です。

おいしいパン作りの秘訣はオーブンにある?

家族でおいしいパンを食べたい!味にこだわるのはもちろんですが、一度にどれだけ多くのパンを焼けるかも重要になります。 ここでは容量にスポットをあてて、どの程度の容量がパン作りに向いているのか説明しています。2段構造のメリット・デメリットについても紹介しています。

温度の重要性を知る

料理で最も重要なのは火加減、温度加減です。どんなにおいしい食材でも温度を間違えると焦げ付いたり、うまく味が乗らなかったりします。 もちろんパンにもそれは大きく影響します。ここではパン作りに向いている温度、そしてオーブンの情報を公開しています。

オーブン選びの注意点

アナタはオーブンを選ぶ時に何を見て選択していますか?費用・大きさ・性能とありますが、後悔しないオーブンの選び方を紹介しています。 パン作りだけではなく、様々な料理に活躍出来るオーブンの選び方を理解しましょう。料理の幅も広がるので一石二鳥です。